網路城邦
上一篇 回創作列表 下一篇   字體:
菅直人内閣、蓮舫氏入閣固まる
2010/06/14 14:57:46瀏覽629|回應0|推薦3
菅直人内閣、蓮舫氏入閣固まる

1守礼之民φ ★[sage] 投稿日:2010-06-05 10:00:45
鳩山由紀夫首相の退陣を受けて、民主党は4日、両院議員総会で、菅直人副総理・財務相(63)を
新代表に選出、菅氏はこの後の衆参両院本会議で、第94代、61人目の首相に指名された。

菅氏は党役員・閣僚人事に着手、官房長官に仙谷由人国家戦略担当相、財務相に野田佳彦財務副大臣を
内定した。幹事長は枝野幸男行政刷新担当相の起用を検討しているが、党内に異論があり調整している。

赤松広隆農水相は4日、口蹄(こうてい)疫の拡大を防げなかったことを理由に菅氏に辞意を伝えた。
後任に筒井信隆衆院農水委員長が挙がっている。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は留任が決まった。

このほか事業仕分けで注目された蓮舫参院議員の入閣が固まり、消費者・少子化担当相で調整。
菅氏側近の荒井聡首相補佐官の入閣も浮上、国家戦略担当相に充てる案が出ている。

輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長ら参院執行部の顔ぶれは変わらない。

菅氏は4日午後、国会内で自民党の谷垣禎一(さだかず)総裁と会い、組閣が8日になることを伝えた。
天皇陛下による首相任命式も同日となり、それまでは、4日に総辞職した鳩山内閣が職務を執行する。

菅氏は同日夕の党本部での代表就任会見で「これから本格的な改革の段階に入る」と、政権運営への
意気込みを示した。人事については「全くの白紙だ。頭を冷やして整理し、多少の時間を得て新しい
体制づくりに入りたい」と述べ、週末に構想を練る考えを示した。「報復(人事)は考えていない」とも
述べたが、小沢一郎幹事長を主要ポストに起用しない方針だ。

菅氏は、鳩山政権が廃止した「党政策調査会」の復活を表明して小沢氏の路線を否定。会見で
「政調会長が内閣の役職を兼ねることを検討してもいい」と述べた。官房長官となる仙谷氏や
国家戦略担当相との兼務が念頭にあるとみられる。

代表選は、菅氏と樽床(たるとこ)伸二衆院環境委員長の一騎打ちとなった。小沢グループ以外の
各グループは菅氏を支援。前原誠司国交相、岡田克也外相らは小沢氏の影響力排除を支持の
条件にした。小沢グループは自主投票。樽床氏へは小沢氏に近い中堅若手の一部が支援した。

代表選の得票は菅氏291票、樽床氏129票だった。

首相指名に先立ち菅氏は亀井氏と会談、民主、国民新両党の連立継続で合意。
菅氏は会見で、社民党との関係改善に努める考えを示した。

菅直人氏(かん・なおと)昭和21年山口県生まれ。東工大卒。55年社民連から衆院に初当選。
橋本内閣で厚相。平成8年に民主党結成、代表、幹事長を経て鳩山内閣で副総理・財務相など。
63歳。東京18区。衆院当選10回。

おことわり 民主党の菅直人代表は4日、国会で第94代首相に指名されましたが、皇居での
任命式は8日の予定です。この間、憲法の規定に基づき総辞職した鳩山内閣が引き続き職務を
執行します。そこで菅氏の首相任命式まで、菅直人氏の呼称は「新首相」、鳩山由紀夫氏は「首相」とします。
鳩山内閣の閣僚も従来の役職名を使用します。

ソース(MSN産経ニュース):
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100605/plc1006050139003-n1.htm
( 時事評論雜論 )
回應 推薦文章 列印 加入我的文摘
上一篇 回創作列表 下一篇

引用
引用網址:https://classic-blog.udn.com/article/trackback.jsp?uid=Change88&aid=4128067