網路城邦
上一篇 回創作列表 下一篇   字體:
瑪麗.魏格曼與大野一雄2
2008/12/04 01:34:02瀏覽927|回應0|推薦0

大野一雄的資料

 

大野 一雄(おおの かずお、英:Kazuo Ohno, 1906年明治39年)10月27日 - )は日本舞踏家。大野一雄舞踏研究所主宰者。

年譜

北海道函館市に生まれる。日本体育会体操学校に学ぶ。1929、スペイン舞踊家ラ・アルヘンチーナ(アントニア・メルセ)の来日公演を見て感銘を受け、舞踏家の道に進む。

体育教師として神奈川県横浜市の捜真女学校に体育教師として勤務する傍ら、石井漠に師事してモダンダンスを修行。1936 ドイツでマリー・ウィグマンにノイエタンツを学び、帰国後、日本のモダンダンス界の中心的存在だった江口隆哉宮操子による、江口・宮舞踊研究所に入所するも、 1938太平洋戦争で召集を受け、ニューギニアに出征。戦後復員し、1949に第1回目のリサイタルを開く。1960年代に土方巽と出会い、暗黒舞踏公演で共演。1977、独舞踏「ラ・アルヘンチーナ頌」を発表し、注目を集める。同年、舞踏批評家協会賞受賞。1980、捜真女学校を退職。同年、フランスの第14回ナンシー国際演劇祭に出演。1999年イタリアで第1回「ミケランジェロ・ アントニオーニ賞」受賞。

現在、100歳の誕生日を迎えても舞台に立ち続け、生涯現役を貫く舞踏家として、今日なお舞踏界に衝撃を与えている。門人に笠井叡上杉満代らがいる。息子の大野慶人も舞踏家である。2001にはボローニャ大学内に大野一雄研究室が開設された。

代表作として「ラ・アルヘンチーナ頌」「わたしのお母さん」「死海」「睡蓮」などがある。

翻譯(因部份不太了解,故擇譯之):

出生在北海道函館市。日本體育體操學校畢業。

1929年,西班牙舞踊家ラ・アルヘンチーナ(アントニア・メルセ)來日本表演,深受感動,它對於之後舞踏的演出有很深的影響。

1936年到德國學習舞踏。

戰爭之後,在1949年リサイタル第1次表演。

1960年與土方巽共同演出暗黒舞踏

1977年,在德國發表舞踏,受到注意。

同年,在舞蹈評論家協會得到獎項。

1980年,從搜真女學校退休。

同年,參加法國第14屆南希國際戲劇節日。

到今天舞蹈界仍受舞踏衝擊。

他的徒弟有笠井叡上杉満代

兒子大野慶人也是舞踏舞者。

2001 Ono Kazuo實驗室建立在波隆納大學裡面。

代表作是「我的母親」、「死海」、「睡蓮花」等等。

( 創作散文 )
回應 推薦文章 列印 加入我的文摘
上一篇 回創作列表 下一篇

引用
引用網址:http://classic-blog.udn.com/article/trackback.jsp?uid=wklfks&aid=2440286