網路城邦
上一篇 回創作列表 下一篇  字體:
Qlair的三部和聲-日本偶像團體的故事
2018/01/23 20:07:08瀏覽2038|回應0|推薦61


左到右:今井佐知子,吉田亞紀,井之部裕子

我最喜歡的女子團體是Qlair,除了外型漂亮表演精彩,和聲與音樂之美也讓我欣賞,雖比較喜歡古典音樂,但在開車時,一邊放著Qlair的歌一邊唱是我的習慣,女兒也和我一樣。很可惜的是Qlair當年沒能走紅,90年代初期也是偶像女子團體開始走下坡之時,僅僅約三年的時間就解散,我當時還小根本沒聽過此團體,是去年開始才知道的,現在Qlair的歌也不時有人翻唱,被視為經典。

1994年解散宣言:
私達は、良質な作品を3年間にわたり提供してきました。スタッフとQlairの意志と愛情の表現でした。 コンサート・アルバム・ビデオ・シングルとクリエイティブに関しては、 誰にもひけをとらない“Girl’s Pop”を提供してきたと自負しております。 ただ時代の背景があり、良いものが必ずしも売れる、うけるとは限りません。 もっと妥協して、時代・人に迎合した方が良かったのかもしれませんが、 Qlairとスタッフには強い意志があり、できませんでした。どうか御理解下さい。 三人の三人のためのハーモニーはどれが欠けても成立しません。 今一人づつQlair時代をベースに自分の信念の道へ歩み出します。 もしよろしければ個人各々をこれからも見守ってやって下さい。 ただしQlairというネームは永遠に残し、ひたむきに歩んだ三人の少女の 足跡をたたえてやりたいと思います。 本当に残念ですが....全力で駆け抜けた3年間... 心よりみなさまに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

特別注意,她們有自負於不輸任何人的“Girl’s Pop”,只是未必迎合時代與人心的需要,縱有強烈的意志,也無能為力,三人的和聲缺一不可,Qlair的名字永遠會留存在人們記憶中,滿載著努力向前進的三位少女足跡,真的很遺憾,感謝大家三年來的支持。

以下是Qlair的介紹,由在下翻譯自維基百科。Qlair(クレア),出道自1991年富士電視台舉辦的明星養成講座「乙女塾」(少女學院),1994年活動休止。由三個女生組成。團名是來自於Gilbert OSullivan的名曲「Clair」,在活動或演唱會開始前常會聽到這首歌,結束時則可聽到同為歌手唱的Alone Again - Naturally。

2005年發行的精選集「アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives」,其中有一首位發表曲「永遠の少年」,三人相隔十二年再一起錄音,2020年1月27日、精選集「Palette」(1993年)由SONY MUSIC SHOP限定發行黑膠唱片。
成員分別是:
今井佐知子(いまい さちこ,SACHI),負責低音部
圖片
1973年12月27日生、乙女塾4期生、神奈川縣出生。(長女是童星稲垣鈴夏)

井ノ部裕子井之部裕子いのべ ひろこ,HIRO),負責高音部

圖片
1973年12月28日生、乙女塾5期生、埼玉縣出生。
辻仁成在1998年推出的專輯「Sq.-スクエア-」中有兩首歌可聽到他的合音。
後與作曲家&製作人外間隆史結婚,が1999年發行的專輯「裏庭」、2000年發行的專輯「サンビカ(St.Bika)」都有她的合音。
吉田亜紀よしだ あき,AKI)中心人物,也是年紀最小,唱歌技巧最優的。
1976年2月18日生、乙女塾5期生、埼玉縣出身,三位都是在關東地區出生的。
1994年、連續劇「アリよさらば」演出學生。
1995年12月、桜井鉄太郎主導的女性團員「FLAGS」的一員再出道,發行了五張專輯,一張單曲,一個影片。
另外、「FLAGS」出道的同一天、參加合音的精選專輯「CUTiE COLLECTION」在同日發行。但相較前兩位成員不時還有消息,吉田亞紀卻已無聲無息。

單曲編號     發行日     名字(A面 B面)    備註
1st 1991年7月7日  瞳いっぱいの夏(盛目之夏)    恋のメダリスト(戀愛的勳章) オリコン最高67位

2nd 1991年10月10日 お願い神さま(神啊求求你) 真夜中のオルゴール(深夜的音樂盒) オリコン最高49位

3rd 1992年1月22日       さよならのチャイム(離別的鐘聲)     ハッピーバースディ カウントダウン(讀秒...生日快樂,今井佐知子獨唱) オリコン最高72位

4th 1992年5月21日     眩しくて(炫目) 君住む街(你住的街道,井ノ部裕子獨唱) オリコン最高57位・跳槽到Ki/oon Sony第一張單曲



5th 1992年10月21日 秋の貝殻(秋的貝殼) 新しいシャツ(新的襯衫) オリコン最高47位

6th 1993年3月21日 SPRING LOVER 大作戦 (春愛大作戰)  お引っ越し(搬家) オリコン最高50位

7th 1993年7月21日    SUMMER LOVER 大作戦(夏愛大作戰)  瞳いっぱいの夏 Radioactivity(盛目之夏) カルピスソーダ廣告曲,附帶卡片。


專輯編號  發行日 名字 備註
1st 1991年11月21日 Les filles(女孩們,法文) オリコン最高74位 
初版限定附寫真集與禮品盒

1.瞳いっぱいの夏 西尾佐栄子/木戸やすひろ/西平彰

2.真夜中のオルゴール 西尾佐栄子/いしいめぐみ/門倉聡

3.笑顔の花束 西尾佐栄子/谷本新/西平彰

4.スノーブーツのwish 西尾佐栄子/安部恭弘/西平彰

5.見えない涙 西尾佐栄子/いしいめぐみ/門倉聡

6.お願い 神さま 芹沢類/広谷順子/門倉聡

7.約束 西尾佐栄子/山口美央子/門倉聡

8.冒険のSunnyday 西尾佐栄子/渡辺信平/西平彰

9.素直な疑問符 渡辺なつみ/木戸やすひろ/西平彰

10.雨の帰り道 西尾佐栄子/いしいめぐみ/門倉聡

2nd 1992年6月21日    CITRON(檸檬,法文)        オリコン最高84位
初版限定透明唱片

1.「CITRON」 詞:西尾佐栄子 曲・編:成田忍

2.「タヒチアンラブ」 詞:芹沢類 曲:広谷順子 編:門倉聡

3.「泣かないでエンジェル」 詞:只野菜摘 曲:大沢誉志幸 編:門倉聡・広谷順子

4.「思い出のアルバム」 詞:西尾佐栄子 曲:山口美央子 編:山川恵津子

5.「パジャマでドライブ」 詞:川村真澄 曲:鈴木祥子 編:成田忍・佐橋佳幸・西平彰

6.「一緒に見た風」 詞:西尾佐栄子 曲:山口美央子 編:山川恵津子

7.「IN YOUR EYES」 詞:木村麗子 曲・編:成田忍

<support musician>

小倉博和:guitar 佐橋佳幸:guitar 成田忍:guitar 松下誠:guitar

沖山優司:bass 美久月千晴:bass 門倉聡:keyboard 西平彰:keyboard

山川恵津子:keyboard・chorus

中西俊博:violin 後藤龍伸:violin 細川亜維子:viola 堀沢真己:cello Joe グループ:

strings 木戸泰弘:chorus 菅原弘明:chorus 比山貴咏史:chorus

広谷順子:chorus 石川鉄男:computer programming

木本靖夫:computer programming 根岸貴幸:computer programming

美島豊明:computer programming produced by 篠崎恵子

engineered by 手塚雅夫・松岡義昭・下宮博史・新島誠・松田龍太・吉井聡

3rd 1992年11月21日 Sanctuary(避難所) オリコン最高52位
限定盤


1.Sanctuary -/山川恵津子/山川恵津子

2.リボンのないプレゼント 工藤順子/山川恵津子/山川恵津子

3.うたたねのソファー 西尾佐栄子/安部恭弘/山川恵津子

4.スノーブーツのwish 西尾佐栄子/安部恭弘/西平彰

5.夢見るヴァイオリン 工藤順子/MAYUMI/西平彰

6.暖かな森 工藤順子/山口美央子/山川恵津子

7.Sanctuary~The Light of three stars~ 西尾佐栄子/山川恵津子/山川恵津子

精選集 1993年9月22日 Palette(調色板) オリコン最高81位

1.瞳いっぱいの夏 西尾佐栄子/木戸やすひろ/西平彰

2.恋のメダリスト 西尾佐栄子/松本俊明/西平彰

3.お願い 神さま 芹沢類/広谷順子/門倉聡

4.約束 芹沢類/山口美央子/門倉聡

5.さよならのチャイム 西尾佐栄子/山口美央子/新川博

6.眩しくて 工藤順子/山口美央子/新川博

7.秋の貝殻 工藤順子/山口美央子/山川恵津子

8.お引っ越し 芹沢類/広谷順子/門倉聡

9.SUMMER LOVER 大作戦 西尾佐栄子/木戸やすひろ/窪田晴男

10.HAPPPY BIRTHDAY 芹沢類/吉川みき/山川恵津子



2005年11月30日 アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives 初版限定3CD和1DVD

[DISC 1]

1.瞳いっぱいの夏

2.恋のメダリスト

3.真夜中のオルゴール

4.笑顔の花束

5.見えない涙

6.お願い 神さま

7.約束

8.冒険のSunny day

9.素直な疑問符

10.雨の帰り道

11.さよならのチャイム

12.ハッピーバースデーカウントダウン

[DISC 2]

1.SPRING LOVER大作戦

2.眩しくて

3.お引越し

4.君住む街

5.CITRON

6.タヒチアン ラブ

7.泣かないでエンジェル

8.思い出のアルバム

9.パジャマでドライブ

10.一緒に見た風

11.IN YOUR EYES

12.秋の貝殻

13.新しいシャツ

[DISC 3]

1.Sanctuary

2.リボンのないプレゼント

3.うたたねのソファー

4.スノーブーツのWish

5.夢みるヴァイオリン

6.暖かな森

7.Sanctuary 〜The light of three stars〜

8.HAPPY BIRTHDAY

9.恋のメダリスト(1993Version)

10.SUMMER LOVER大作戦

11.瞳いっぱいの夏Radioactivity(瞳いっぱいの夏~白いパラソルメドレー)

12.永遠の少年 只野菜摘/片寄明人/佐藤佳幸

錄影帶
Goodbye Cybele(1991年)
Noel(1992年12月12日)

寫真集
Wind Flower(1991年)
卒業旅行~Our Dreaming Days~(1992年4月30日)
FIORITA QLAIR(1993年7月10日)





以上三張照片引用自https://aucfree.com/items/j589673031

演出節目
TV
週刊スタミナ天国
聖PCハイスクール
アイドルオンステージ
廣告
ペプシコーラ
カルピスソーダ


精選演出錄影

出道曲「瞳いっぱいの夏」(乙女塾祭り~1991/08/24新宿厚生年金会館) 歌詞與譜曲均佳,而且有代表性,尤其那句:「不需要鬧鐘的夏天時間」,充滿夏天的華麗與溫馨,是她們所有曲子的序曲。



「約束」 個人超愛曲,想到二十幾歲時與女朋友一起坐火車去看海的情景,可聽吉田亞紀可愛的高音。

「お願い神様」 大概是她們最可愛的歌了,穿著修女裝表演更可愛,井之部與吉田的高音都很好聽。



「さよならのチャイム」 紀念兩位團員從高中畢業的曲子,憂愁但充滿希望,大概是她們最美聲的歌。



「眩しくて」 我最愛唱的歌,音樂性是她們歌中最高的,微微的刺痛感,失戀但仍努力的往前進。



「秋の貝殻」 大概是她們的歌最有名的,充滿秋天氣息,中段井之部的高音美聲最值得一聽。



「お引っ越し」 後期我最喜歡的曲子,她們的表演風格明顯開始脫離少女了而顯得成熟,只可惜要解散了,吉田的頭髮明顯剪短了,嘗試著改變造型。



「新しいシャツ」 很平穩,和聲美麗溫柔的曲子,每次聽都讓我想起我一位很好的女生朋友。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm14353641?ref=search_key_video&playlist=eyJpZCI6InZpZGVvX3dhdGNoX3BsYXlsaXN0X3NlYXJjaCIsInNlYXJjaFF1ZXJ5Ijp7InR5cGUiOiJrZXl3b3JkIiwicXVlcnkiOiJxbGFpciDmlrDjgZfjgYTjgrfjg6Pjg4QiLCJwYWdlIjoxLCJwZXJQYWdlIjozMiwic29ydCI6IitoIn19&ss_pos=1&ss_id=8f15ce21-d41e-4e71-a560-5a2d4c9a4915


「笑顔の花束」 以笑顏來代替禮物,想獻給你...這是她們所有曲子最可愛的,對我更有特殊意義。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm32430154?ref=search_key_video&playlist=eyJpZCI6InZpZGVvX3dhdGNoX3BsYXlsaXN0X3NlYXJjaCIsInNlYXJjaFF1ZXJ5Ijp7InR5cGUiOiJrZXl3b3JkIiwicXVlcnkiOiJRbGFpciIsInBhZ2UiOjEsInBlclBhZ2UiOjMyLCJzb3J0IjoiK2gifX0&ss_pos=21&ss_id=b7be563f-5627-49da-83eb-1c32676ba4f2

「タヒチアン ラブ」大溪地之愛,是在大溪地度假的曲子,充滿南國的風情與輕快,MTV可能是她們拍得最好的,可點以下網址收看。


https://www.nicovideo.jp/watch/sm3657537

FLAGS 「feat」  Qlair解散後,吉田加入FLAGS唱的英文歌,聲音還是很可愛嬌嫩,可惜沒能再成熟了。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm14412742




「思い出のアルバム」 懷念的相冊,隱藏的名曲。



「真夜中のオルゴール」  深夜的音樂盒



「見えない涙」 看不見的眼淚


以後還會再補充,如果也有喜歡Qlair的朋友,歡迎與我交流。

編譯:夏爾克
( 創作其他 )
回應 推薦文章 列印 加入我的文摘
上一篇 回創作列表 下一篇

引用
引用網址:http://classic-blog.udn.com/article/trackback.jsp?uid=ratsubery&aid=109975574